【サイドFIREを諦めない】40代妻子持ちが60歳で退職して自由に生きる方法

目標を定める サイドFIRE

 こんにちわ、モリモリです  (@m_SideFIRE)

 あなたは、

悩む人
悩む人

  サイドFIRE(アーリーリタイア、セミリタイア)したいけど、40代で妻子持ちだと諦めるしかないんだろうか…

と悩んでいませんか?

 実は、40代からでもサイドFIREを達成することは可能なんです。

 なぜなら、60歳でサイドFIREを達成するために必要な時間はまだあるからです。

モリモリ
モリモリ

  私は、40代からでも60歳でサイドFIREするために必要な資金を貯める目処がつきました。

 この記事では、40代からでもサイドFIREを諦めることなく達成できる方法を解説します。

 この記事を読むと、40代から準備しても60歳で仕事を辞めてサイドFIRE生活に移行する方法がわかります。

 結論は

ギリギリまで給料から投資に回すお金を増額して、資金を増やす

ことが大事です。

 それでは見ていきましょう。

 



なぜ60歳でサイドFIRE(アーリーリタイア、セミリタイア)を目指すのか

 副業が禁止されている会社に勤務している方、あるいは公務員の方などは、副業がバレることによって職を追われるリスクを考えると副業に踏み切れない場合が多くなります。

 実際に副業がバレることで懲戒免職に至るケースは少ないと思いますが、それでも妻子ある立場としては、今の仕事を辞めることになるかもしれないと考えると恐怖で副業に手を出しずらいのが現状。

モリモリ
モリモリ

  特に子どもたちの学費などを考えるとなおさらリスクを冒せません。

 しかし、65歳あるいはそれ以上年を取ってからも働き続けたくないという考えをお持ちの方も多いですよね。

 昨今では、定年が65歳となり、今後さらに70歳まで働かなくてはならない時代になっていく可能性が高くなります。

 そんな中、副業バレのリスクから副業に手を出せない場合、40代や50代でのサイドFIREを諦めることになって、生涯現役で働き続けなければならなくなってしまうかも。

 それなら、せめて60歳でサイドFIREして、60歳からでも自分の人生を生きてみませんか?

 最低でも60歳の時点でサイドFIREできるように資産を貯めていくというのが、40代妻子持ち
の最適解の一つ

だと考えます。 

モリモリ
モリモリ

  人生100年時代のいま、60歳からでもまだ40年あります。

 副業での収入を期待できないなら、給与所得から上手く投資に回すお金を捻出して、資産をゆっくり増やしていくという作戦です。

 これなら、60歳まで働けばサイドFIRE出来るという選択肢が生まれます。

支出を把握して余剰資金を投資に回す

 投資資金を準備するには、支出を把握することが重要です。

(収入ー支出)+(資産×運用利回り)がお金持ちになるためのたった一つの道筋です。

 まずは家計の支出内容を把握してください。

 そして、余剰資金を投資に回しましょう。

 サイドFIREへの詳しいやり方はこちらの記事で紹介しています。

 サイドFIRE(セミリタイア)生活を達成するやり方とは?

無駄な出費を削る

 支出を把握したら、次に投資資金を捻出する作業です。

 無駄な固定費などを徹底的に洗い出すのです。

 不要な保険、スマホなどの通信費、ついつい立ち寄ってしまうコンビニでの出費など、削減できる経費は削減していきましょう。

 支出を減らして、生活水準を上げないことがサイドFIREへの近道です。

副業で収入を増やす

 これまで、副業バレのリスクについて触れてきました。

 そのため、副業によって投資金額を増やすという手法は積極的に考えずに60歳でサイドFIREを目指す方法を考えます。

 その場合、副業バレのリスクを最小限にするとなると、

副業の所得は20万円以下にする

ことを考えてみます。

 どうゆうことかと言うと、収入から経費を差し引いた所得を20万円以下に抑えるのです。

 そうすることによって、所得税に対する確定申告が不要になります。

 厳密に言えば、住民税の申告は必要ですが…。

 確定申告をしなければ、基本的に本業の職場に副業がバレる可能性を限りなく小さくすることが出来ます。

 また、副業の種類については、アルバイト等の給与所得ではなく、ブログ等の収入にする必要があります。

 なぜなら、アルバイトなどの給与所得の場合、会社が給与支払書を自治体に提出するので、副業の住民税が本業の住民税と合算されてしまい、住民税の増額分から副業の存在が本業の会社にバレてしまう可能性が高まります。

 もしも、副業収入を月15,000円でも得ることが出来れば、サイドFIREに近づくことが出来ますし、サイドFIRE後の大事な収入源となってくれます。

 おすすめの副業についてはこちらの記事に書いています。

 



参考例 私のサイドFIRE計画

 ここから、私のサイドFIRE計画を参考までに紹介します。

 下のシミュレーション結果をご覧ください。

                      引用元:イオン銀行ホームページ

 我が家は、私と妻、そして長男長女の4人家族です。

 妻はパートで働いています。

 支出を切り詰めて計算したところ、年間約12万円は最低でも投資に回すことが出来ることがわかりました。

 私の残業代によっては、もう少し投資額を増やすことが出来そうですが、60歳で何とか5,000万円貯めてサイドFIRE出来る計算です。

 さらに、副業によって月に1万5千円ほどの収入を得ることが出来れば地味に効いてきます。

まとめ

朝陽

 最近何かと話題のFIREですが、20代や30代じゃないと無理なわけではありません。

 40代の妻子持ちでもチャンスはあります。

  • 支出を把握する
  • 無駄な出費を抑えて投資に回せる資金を最大化する
  • 最低限、リスクを抑えた副業を行う

ことによって、60歳でサイドFIREすることが可能です。

 40代でも希望をもって生きていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました