【40代の転職に立ちはだかる壁】嫁ブロックの理由と突破する方法

手をつなぐ夫婦 40代の転職

 どうも、モリモリです   (@m_SideFIRE)

 あなたは、

悩む人
悩む人

 転職したいと思っているけど、妻の反対を考えると言い出せない…

 転職が決まった後の事後報告でも何とかなるだろうか…

 なんて思っていませんか?

 実は、奥さんに何も言わず勝手に転職活動を進めると、内定が決まっても反対されてしまいます。

 それが嫁ブロックです。 

 なぜ奥さんに言わず転職活動を始めてはいけないのか、それは奥さんの賛成を得られずに、転職を断念することになるからです。

 今回は、こちらの本

 「カリスマ転職コンサルタントが40代、50代で希望の転職を実現するノウハウを公開
 35歳からの「人生を変える」転職

こちらの本を参考にさせていただいて、嫁ブロックについて解説していきます。

モリモリ
モリモリ

 この著者は、リクルートエグゼクティブエージェントで転職支援を行ってきた女性の方ですし、女性の目から奥さんの気持ちを紐解いていこうと思います。

 この記事では、嫁ブロックが発動する原因とその対処法を教えます。

 この記事を読むと、奥さんの協力や理解を得た上で、嫁ブロックを受けることなく転職活動を行う方法がわかります。

 結論は、

普段から奥さんとコミュニケーションをしっかりとって、2人で転職活動を行う意識を持つ

ということです。

 それでは見ていきましょう。

 



 嫁ブロックとは

 嫁ブロックとは、奥さんからの大反対によって転職を断念することです。

 嫁ブロックには大きくわけて

  • 転職活動に対して嫁が反対してくる
  • 内定が決まっても、転職に対して嫁が反対してくる

この2つのパターンがあります。

 嫁ブロックが発動する理由

 嫁ブロックが発動する原因は、

  • 相談せずに転職を決めた
  • 収入が減る
  • 勤務地が変わる
  • 残業が増えたり、休日が減るなどの勤務環境の変化

があげられます。 

 まず、

 相談せずに転職を決めた

 これは、奥さんから反対されて当然です。

 奥さんは、いつも家庭と子どもの成長を考えています。

 家族の人生にとって一大事である、あなたの転職を奥さんに相談せずに勝手に進めては、

奥さん
奥さん

 私に相談してくれなかった!

 私の意見を聴こうとしなかった!!

 と思われ、信頼関係を壊してしまう原因になります。

 あなたも、 

悩む人
悩む人

 妻には心配かけたくない…。

という想いから、なかなか言い出しにくいのはわかります。

 しかし、

モリモリ
モリモリ

  こんな大事なことだからこそ、奥さんと一緒に進めることが大切なんです。

 転職を考え始めた段階で、すぐに奥さんに相談し、一緒に転職活動を進めていくことが何よりも大切です。

 逆に、奥さんがあなたに相談もせずに、仕事を辞めたり転職したら、あなたも「信頼されていないんだろうか」「一言いってほしかった」と思うはずです。

 収入が減る

 奥さんは、家事や育児など家庭全般のタスクについて、さまざな「きづき」を常に感じて家庭を運営してくれています。 

 住宅ローン、教育費、毎月の生活費などをきちんと支払っていけるのかが心配になるのは当然です。

 今までの安定して生活を続けることが出来るのか、奥さんも不安を抱えてしまいます。

 勤務地が変わる

 いまの自宅からどれくらい離れた場所に勤務するのか、引っ越す必要はあるのか、単身赴任になるのか。

モリモリ
モリモリ

 勤務地がどのくらい離れた場所なのかは、家族の生活にとって重要です。

 転勤の有無など、あなたの転職は、奥さんの仕事や子どもの学校など、家族全体の問題でもあるのです。

  残業が増えたり、休日が減るなどの勤務環境の変化

 奥さんは、あなたの健康を心配しています。

 仕事量が増えて、心身の健康に害が出ないか、新しい職場の雰囲気はどうか。

 一家の大黒柱である、あなたの勤務環境があなた自身に及ぼす影響、家族への影響を心配しているのです。

モリモリ
モリモリ

  あなたや家族のことを心配するからこそ、あなたの転職に対して奥さんも真剣になるんです。

 嫁ブロックを発動させる嫁のタイプ

 嫁ブロックを発動させるタイプは、以下の3つに分けることができます。

 安定重視タイプ

 いまの安定した生活が変わることに対して不安を抱いているタイプです。

モリモリ
モリモリ

  人は誰でも現状を好み、変化を嫌がります。

 奥さん自身に現状では不満がない場合、変化を嫌がってあなたの転職に難色を示す可能性があります。

 ネガティブタイプ

 ポジティブよりもネガティブな思考が先行しがちで、失敗をおそれるタイプです。

モリモリ
モリモリ

  何事も、メリットとデメリットの双方が存在します。

 このような場合、転職によるネガティブな部分とポジティブな部分を冷静に見ていくことが大切です。

 ママ友マウンティングタイプ

 これは、ママ友の中でもあなたが勤務している会社名、部署などでお互いにマウンティングしているタイプです。

 ママ友の中での評価を気にしすぎており、素の自分ではなく、あなたの勤務先を自分の評価の対象に考えてしまっています。

モリモリ
モリモリ

  軽く考えてしまいがちですが、ママ友の関係性を考えると侮ることはできません。

 あなたが今よりも規模の小さい会社に転職を希望する場合、嫁ブロックが発動されます。

 嫁ブロックを防ぐ方法

夫婦でお茶する

 嫁ブロックを防ぐためには、普段からのコミュニケーションが何よりも大切です。

 それは、妻に関心を寄せて理解するということ。

 奥さんには家庭、子どもを守り育てる本能があります。

 そのため、危険を察知すると、子どもを守るために対応するんです。

 普段からコミュニケーションをとって、

 あなたの転職についても一緒に考える

 いつも奥さんのことを想っている

 家族のための転職でもある

ことを伝える。

 そして、

 奥さんが考えていることに共感する

 奥さんの不安、ストレスを軽減させる

 

モリモリ
モリモリ

  奥さんは、解決策よりも共感を求めています。

 大切なのは、夫が共感してくれたという記憶です。

奥さんと意見が食い違ったら、

  1. お互いのメリット、デメリットを書き出す
  2. 実際にメリットとデメリットを調べて検証する
  3. デメリットを回避する消極的なメリットではなく、お互いが手に入れられるものをあげていく
  4. 結論をまとめる

 2人で時間を取って、この過程を行ってください。

 いまの職場、ビジネス環境の現状と、転職による展望を奥さんに伝えましょう。

 この過程で大切なのは、奥さんの心を否定しないこと。 

 奥さんの不安があるという心を肯定すれば、事実についてあなたの方が正しくても大丈夫です。

 なぜなら、女性は共感を求めているから。  

 「私の不安をわかってくれた」と感じ取ってもらうことが大切です。

 まとめ

家族で歩く

 嫁ブロックは、家庭や子どもを危険から守る女性の本能からすれば当然の現象です。

 嫁ブロックを発動させずに転職活動を進めるためには、転職活動を始める前から奥さんに相談して、一緒の転職活動をスタートさせることが重要です。

 奥さんも納得した上で、夫婦で協力して、一緒により良い家庭を作っていくという共通の目標、目的を持って転職に臨んでください。 

 こちらの本では、夫婦でコミュニケーションをとる気づきを得ることができます。

 そして、ややこしい夫婦関係も意外にカンタンだとわかります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました