【転職が怖い理由】恐怖と不安で動けないアラフォーに必要なのは転職する勇気!!

転職の悩み

 こんにちわ、モリモリです   (@m_SideFIRE)

 あなたは、

悩む人
悩む人

 転職活動は不安だし、怖い…

 失敗したときのことを考えると勇気がない…

 家族もいるし、転職なんてムリ…

 やっぱりやめよう…

と悩んでいませんか?

 実は、転職活動への不安や怖さを吹き飛ばす方法があります。

 転職活動に不安や恐怖が出てくるのは、転職活動がどうゆうモノなのかわかっていないだけだから。

モリモリ
モリモリ

 人は、よくわからないことに対して不安になります。

 私は、20代で当時勤めていた会社を辞めて転職しました。

 この時は、初めての転職で私も本当に怖かったのを覚えています。

 この記事では、

  • 転職活動について恐怖や不安を感じている理由
  • 転職活動についての恐怖や不安を解消する方法
  • 転職のタイミングを逃さない方がいい理由

を教えます。

 この記事を読むと、転職活動に対する不安や恐怖を解消して転職活動に進むことができます。

 結論は、転職したい理由をはっきりさせて、転職エージェントに相談するだけで転職活動への不安や恐怖はなくなります。

 それでは、見ていきましょう。 

 



  1.  転職活動=「転職しなければいけない」じゃない
  2.  まずは、転職活動したいけど怖いと感じる理由、原因を知る
    1.  転職は初めての意思決定
    2.  転職を成功させて内定を勝ち取れるかが心配
    3.  今の企業に勤務しながら転職活動できるのか
    4.  転職先での人間関係への不安
    5.  長時間労働、休日出勤などへの不安
    6.  給料が下がることへの不安
    7.  会社を辞める時のトラブルが心配
    8.  自分に向いている仕事がわからない
    9.  転職してもいまと変わらない同じ環境だったら
    10.  既婚で妻と子どもがいる生活への不安
    11.  嫁ブロックへの不安
    12.  失敗したら無職という恐怖
    13.  転職活動の進め方がわからない
    14.  自分に自信がない
  3.  心の中にある不安や恐怖を解消、克服する方法
    1.  転職したい理由を考える
    2.  転職先に求める条件は何かを考える
    3.  転職すべきか、いまの仕事を続けるべきか検討する
    4.  業界や企業の情報収集を入念に行う
    5.  転職活動を始めることで勇気と希望をもてる
  4.  転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ(転職エージェントは怖くない)
  5.  40代での転職のタイミングを逃さない(現状維持のリスクを避ける)
    1.  いまの職場のまま環境が変わるのに賭けるのはギャンブル
    2.  年齢が若い方が転職は有利
    3.  年齢があがるほど、採用のハードルが変化する
    4.  コロナ禍における転職活動
    5.  自分や家族の生活環境は変わっていく
  6.  「転職活動はやっぱりやめる」と考えるのはもったいない!転職活動はノーリスク!!
  7.  まとめ

 転職活動=「転職しなければいけない」じゃない

 まず、「転職活動=転職しなければいけない」ではありません。

モリモリ
モリモリ

 転職活動を始めたからといって、必ず転職しないといけないわけじゃないんです。

 まずは転職活動を始めてみることによって、

  • いまの自分にはどのくらい求人があるのか
  • 自分が転職したいと思える仕事はあるのか、ないのか
  • また、自分にはどんなスキルがあるのか
  • 逆にどんなスキルが足りないのか

がわかります。

 その上で、自分が希望する転職先が見つかれば転職すればいいし、見つからなければ転職せずに今の会社に残ればいいんです。

モリモリ
モリモリ

転職活動は完全な後出しジャンケンでOK!‼

完全にノーリスク、ハイリターンです。

 最初のとっかかりとして、転職市場を知ることが重要です。

 まずは、転職活動したいけど怖いと感じる理由、原因を知る

遠くを見つめる人

 あなたは、「転職」と聞くと不安や怖いという気持ちが湧いてきませんか?

 転職への不安や怖いという気持ちは、どこにあるのか。

 なぜ不安になるのか。

 不安になる原因は何なのか。

 その不安や恐怖が沸いてくる原因、それは心の中にモヤモヤした悩みがあるからです。

 このモヤモヤを言葉にすると、

  • 転職は自分でコントロールできないことが多い
  • 未来の予想がつかない

大きく分けてこの二つになります。

モリモリ
モリモリ

 人は自分でコントロールできない状況にいて、しかも未来の予想がつかないときに、不安になったり怖いという気持ちになります。

 そこで、もっと詳しくあなたをとりまく5つの項目

  • 転職が成功するのか
  • 人間関係
  • 仕事環境
  • お金
  • 健康
  • 家族

について、どんな不安を感じているのか深堀して明確にしましょう。

 大切なのは、自分の心と向き合って、自分が考えていること、自分の気持ちを知ることです。

 転職は初めての意思決定

 ほとんどの人間にとって転職が怖い理由、それは初めての意思決定だからです。

 ほとんどの人は、普段何も意思決定しないで生活しています。

 実は、自分で高校や大学を選び、主食先も自分で決めたと思っているかもしれませんが、ただ単にこれまでの人生では決められたレールの上を歩いてきただけで、自分では何も決めていないんです。

 世間から良いと言われている高校や大学に入り、世間的に良いと言われている会社を選んで就職する。

 しかし、意味のある意思決定は必ず何かを捨てることを伴うんです。

 捨てることを伴う意思決定をしたことがある人は、ほとんどいないのが現実。

 多くの人が転職に恐怖を感じる理由は、何かを手に入れるからではありません。

 人生で初めて自分の手で何かを手放す意思決定を行うからです。

 これまで受験勉強や仕事を頑張ってきた人の方が、それまでの投資分を大きく感じてしまい、棄てること、手放すことに対して恐怖を感じてしまいます。

 転職した後も、しばらくの間はこれで良かったのか、別の道の方が良かったのではないかと迷いが付きまといます。

 転職を成功させて内定を勝ち取れるかが心配

 やはり、まずは本当に内定を勝ち取って転職を成功させることが出来るのかということが一番の懸念材料になります。

 無事に転職活動のゴールテープを切ることが出来るかどうか。

 このために、自分の貴重な時間やエネルギーを費やして、転職活動を行わなければいけません。

 それだけのものを賭けて、なおかつ真剣に取り組むからこそ、内定を勝ち取ることが出来なかった時のことを考えてネガティブになってしまうのです。

 そんなときには、こちらの記事を読んでください。 

 少しでも恐怖や不安を克服して内定を勝ち取り、転職を成功させるために必要な記事を載せています。

 今の企業に勤務しながら転職活動できるのか

 転職を希望する方の9割近くが現職に勤めながら転職活動を行っています。

      引用元:エンジャパンHP

 今の仕事を退職して転職活動を行う場合、転職活動に使える時間が増えるという利点がありますが、

  • 転職が決まるまでの資金
  • 転職が決まらなかったときの空白期間が不利になる
  • 精神的に焦りが生じる

といったデメリットの方が大きくなります。

 そのため、多くの方が在職中に転職活動を行っています。

 しかし、在職中の転職活動では転職活動に使える時間が限られるというマイナス要素が出てきます。

モリモリ
モリモリ

転職活動に使える時間を確保するためにも、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントに相談すれば、面接日程の調整などのスケジュール調整も行ってくれます。

 転職サイトの中でも、リクナビNEXTのスカウトサービスを使えば、自分の職務経歴書などの情報を登録するだけで、あとは待っていれば企業からの勧誘や転職エージェントからの求人紹介がやっていきます。

 また、転職エージェントに登録すると、転職エージェントが自分にピッタリの求人を教えてくれるので、自分で求人サイトから自分に合った求人を探す手間も省けます。

 効率よく転職活動を行うためにも、転職エージェントをぜひ有効に利用しましょう。

 転職先での人間関係への不安

 サラリーマンにとって、人間関係はつきもので、どうしても避けられません。

  •  転職先にもイヤな上司や部下、同僚がいたらどうしよう。
  •  新しい職場で仲良くできるか、上手く人間関係を作れるか。
  •  上司が年下になるかも。
  •  もし自分が上司として配属されたら、新しい部下を率いてすぐに成果を出せるか。 
  •  転職先の男女の比率はどうだろう。
  •  女性ばかりでも、上手く溶け込めるか。
  •  逆に男性ばかりの体育会系もしんどい。
  •  コミュニケーションはどれぐらい必要だろうか。
  •  職場のキーマンになる人と仲良くなれるか。
  •  全体としてどんな雰囲気の会社なのか。

 考えれば考えるほど、人間関係の悩みはつきません。

 しかし、転職先の人間関係は今の段階では全くわからないので、いまは考えないようにしましょう。

 転職先の人間関係を考えて転職活動を先延ばしにするのは、転職活動をしない理由を探しているからです。

 転職活動をしない理由として人間関係をあげているんです。

 転職先の人間関係を知るには、実際に転職活動をしてからで遅くありません。

 ちなみに転職先の人間関係を調べる方法は、転職活動の中で

・転職先にどんな人がいるのか、どんな雰囲気なのかを企業のサイトや口コミで事前に調べる。

・面接のときに、社内の雰囲気について質問したり、可能であれば社内の様子を見せてもらい、現場の社員と話をさせてもらう。

・もしも現場の社員と会えたら、

 会社についての不満はないか

 困っていること、課題はないか

 経営陣、一緒に働く社員たちの「人となり」

について聞いてみる。

こんな方法があります。

 長時間労働、休日出勤などへの不安

 あなたはいまの会社で長時間労働や休日出勤に苦しんでいませんか。

 だからこそ、転職して自分の時間や家族との時間を増やしたいと思っている。

モリモリ
モリモリ

 転職を成功させたとしても、今より残業や休日出勤が増える可能性もあり得ます。

 せっかく自分や家族との時間を増やそうと思って決死の覚悟で転職しても、いまよりも仕事の時間が増えてしまっては元も子もありません。

 副業に使う時間も減ってしまうでは、人生を好転させるチャンスも失います。

 転職先のワークライフバランスが気になるのは当然です。

 給料が下がることへの不安

 妻や子供もいて、家のローンもあるし、これから教育費も増えていく。

 これから必要な生活費が増えていくのは目に見えています。

 いまよりも給料が下がると、いまの生活が維持できない…。

モリモリ
モリモリ

 奥さんがパートや派遣社員として働いてくれても、奥さんの収入だけでは生活費が足りません。

 生活水準は下げたくないので、年収のダウンは切実な問題。

 だからこそ、転職当初はいまよりも多少下がったとしても、その後は今と同じくらいまでには上げてほしい。

 その後は、今よりも増えていくのが理想。

 老後の資金も貯めたいし、出来れば貯金や投資にも回せる給料がほしいのが本音。

 お金の問題を考えると、転職が不安になるのは当然です。 

 会社を辞める時のトラブルが心配

 転職について今の上司や部下には伝えにくい。

悩む人
悩む人

 裏切り者呼ばわりされたり、引き留められて転職できないかも。

 強引に飲みに誘われて、そこで結束を誓わされ、転職できない雰囲気を作られるかもしれない。

 いま途中の仕事をやり遂げる責任もある。

 転職のことを口に出したら、いまの会社には確実に居ずらくなる。

 関係が悪化すれば、嫌がらせ、陰口…。

モリモリ
モリモリ

 いまの会社い転職のことを知られた時のことを考えると、気が重くなりますよね。

 心配なのはわかりますが、まだ転職活動もしていないのに、いまの会社に転職を伝えるタイミングを心配する必要はありません。

 自分に向いている仕事がわからない

 転職するにしても、自分にはどんな仕事が向いているのかわからない。

 いまと違う他の業種、他の職種で仕事をやっていけるかどうか。

 転職先で、きちんと成果を出せるか。

 今までのキャリアが通用するか。

 誰にでもできるライン作業とかだと、給料は安いだろうし…。

悩む人
悩む人

 いまよりいい仕事があるかわからない…。

 こんな悩みや不安をもつのも当然です。

 転職してもいまと変わらない同じ環境だったら

 転職しても、転職した先がブラック企業だったら、今よりも環境が悪くなったら…。

 残業も増え、休日出勤もザラ、職場の人間関係も、今より合わない人ばかりかも。

 仕事の内容も自分には合わない可能性もあるし。

悩む人
悩む人

  転職のリスクだけが増え、しかも給料も減って、今よりも悪くなることばかりだったらどうする。

 次の会社が倒産して、再び転職しても給料がどんどん下がる、負のスパイラルに入ったら…。

 それなら何もせずに今のままでいい。

 マイナス要素を考えて、現状維持を望む現状維持バイアスも人間の本能です。

 既婚で妻と子どもがいる生活への不安

 あなたには、奥さんと子供もいて、大切な家族を路頭に迷わせるわけにはいかないという使命感があります。

 転職のリスクを考えると、いまの仕事がイヤでキツくても、自分が我慢して働きつづければ給料はもらえる。

 そして家族も食っていける。

 転職で失敗したら、いまの生活が続けられないかもって思うと不安で怖い。

 あなたの使命感、家族を守りたい気持ちから来る不安は自然なことです。

 嫁ブロックへの不安

お嫁さん
お嫁さん

 妻に転職のことを切り出しても、理解して協力してくれるんだろうか。

 転職のメリットを上手く説明できない。

 妻から転職のデメリットばかり言われると、反論できず、結局転職の話は立ち消えになるこ

とが目に見えている。

 妻に切り出すのはやめて布団に入ろう…。

 奥さんへ切り出すのは勇気がいります。

 しかし、転職活動を始める前には、奥さんに言っておきましょう。

 奥さんの協力は必須です。

 後から、何も聞いていなかったというのが、奥さんを一番気付けて信頼を失います。

モリモリ
モリモリ

 家族のためを思っての転職も、これだけは避けないといけません!!

 失敗したら無職という恐怖

 もしも転職先がなかったら、無職になる。

 しかも、その先ずっと仕事が見つからなかったり、見つかっても生活できるかどうかの給料激安の仕事しかなかったら。

 その後の人生はどうなるんだろうか。

悩む人
悩む人

 考えるだけでも怖い…。

 日本には公的なセーフティネットがきちんと用意されています。

 失業給付や生活保護があるので、最悪の場合でも生きていくことはできます。 

 転職活動の進め方がわからない

 そもそも、転職活動ってどうやったらいいのかがわからない。

 求人誌を読んで、そこから気に入った求人があったら電話するくらいのボンヤリした知識しかない

 転職の仕方を一から教えてほしい。

モリモリ
モリモリ

 安心してください。

 転職エージェントに相談すれば、転職のノウハウを一から教えてくれます。

 自分に自信がない

 心の中に、何だかわからないけどモヤモヤがあって不安…。

 上手く言葉にできないけど、自分に自信がもてなくて、言い知れない不安や恐怖がある。

悩む人
悩む人

 そりゃあ、人生を変えたいけど、不安で怖い。

 だから動けない。

 そんなあなたもまずは転職エージェントに相談して、転職市場を知ることから始めましょう。

 スタートはそこからです。

 転職活動を1人で頑張るのは、とても心細く寂しい。

 そこで転職エージェントが心強い味方になってくれます。

 心の中にある不安や恐怖を解消、克服する方法

 これまでに、あなたが転職について不安に感じていることをあげてきました。

 ここまで読んで、自分が不安に思っていること、怖いと思っていた原因が判明しているはずです、

 次はあなたが不安、怖いと思っている原因を解消する方法を紹介していきます。

 転職したい理由を考える

 それでは、 

  • 自分がなぜ転職したいのか
  • いまの会社のどこが不満なのか
  • 転職でどこを変えたいと思っているのか

自分の心の中からピックアップします。

  •  休みを増やしたい 
  •  長時間労働がしんどい
  •  自分や家族との時間をもっととりたい 
  •  副業のための時間がほしい
  •  人間関係 
  •  上司との人間関係 
  •  パワハラ、モラハラなど
  •  周りの人間と価値観が違う
  •  考え方が合わない
  •  周りと接するのが面倒
  •  職場の人間関係に疲れた 
  •  気を遣いたくない
  •  偽りの自分を演じるのはもう嫌
  •  もっと自分を取り繕うことなく伸び伸びはたらきたい 
  •  本当にやりたい仕事がみつかった

何でも構いません。

 頭に浮かんだことをすべて上げていってください。 

 転職先に求める条件は何かを考える

 転職したい理由をあげたら、そこからこれだけは譲れないという自分が求めている条件を絞る。

 そして、逆にこの項目は妥協できる、重視しないという点も明らかにする。

 どんな会社でも全ての条件を満たしてくれることはありません。

 何かを得るには、何かを捨てる覚悟、決意が必要です。

 転職先に求めているのは、

 給料、ワークライフバランス、自分にあった環境、やりがい…

自分が何を求めているかをまとめましょう。 

 転職すべきか、いまの仕事を続けるべきか検討する

 自分の中で

  • 転職したい理由
  • 転職先に何を求めるか

がわかれば、実際に転職すべきか今の会社に残って仕事を続けるべきかを検討してください。

 例えば、残業や休日などのワークライフバランスが転職したい理由だったら、いまの会社のまま部署を移動することで解決できる場合もあります。

モリモリ
モリモリ

 会社の規模が小さくて異動できない、異動しても改善されないなら転職を検討するしかありません。

 転職したい理由が、給料を上げたいや他にやりたい仕事があるなど、部署を変えても解決しないなら転職を検討しましょう。

 最終的には転職が最適解なのかどうか、迷いを払拭した上で転職活動を進めます。

 業界や企業の情報収集を入念に行う

 転職活動を行う上で、転職市場の動向、業界や企業の情報を集めて分析することは極めて重要です。

 特に未経験の業界や職種への転職を考えている場合は、

転職したい人
転職したい人

ずっと興味があった業界、職種に転職したい!!

と思って飛び込んでみても、

悩む人
悩む人

想像していた仕事と違った…

と後悔してしまうことがあります。

 希望の業界や職種の情報を知るためには、企業のHPを見たり、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

 転職エージェントなら、過去にその業界や職種に転職を成功させた人の状況を教えてくれます。

 転職活動を始めることで勇気と希望をもてる

燃える人

 ここまで見てきて、自分の不安や恐怖の原因、転職したい理由が少しずつわかってきてモヤモヤが少しは解消されたでしょうか?

 転職活動をいざ始めてみれば、

読者さん
読者さん

 なんだ転職活動もたいしたことはないんだ!!

と少しずつ自信がわいてきます。

 不安や怖いという気持ちが消えて、希望や明るい未来が見えてきます。

 転職は人生を変える大きなチャンスです。

モリモリ
モリモリ

 転職は人生を変える大きなチャンスです。

 転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ(転職エージェントは怖くない)

 転職活動をする際には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 仕事探しのプロがあなたの転職の相談に乗ってくれます。

モリモリ
モリモリ

転職エージェントに相談するのが怖いという方もいますが、大丈夫です。

怖くありません。

親切丁寧に相談に乗ってくれます。

 転職エージェントは、転職サイトなどの求人広告に載っていない情報をくれたり、あなたが求める条件に合う求人を探して紹介してくれます。

 実際に転職しなくても、

 最初は転職エージェントに相談すれば、いま現在の転職市場がどうなっているのか、そしてあなたの市場価値を知ることができる

のです。

 あなたの市場価値を知ることが、

40代からでも人生をもっと楽しく

あなたの理想に近づけるように変えていく

ことへの一歩です。

 あなたの人生には、まだまだ無限の可能性、明るい未来があると知るだけでも、とても大きな変化です。

 それを知っただけでも、気持ちの余裕が全然変わってくるんです。 

 40代での転職のタイミングを逃さない(現状維持のリスクを避ける)

 40代で転職するケースは、以前よりも増えてきています。

 だからといって、年齢が高くても安心というわけではありません。

モリモリ
モリモリ

40代での転職は、上手くいくかどうか怖いというのが本音ですよね。

 ここからは、40代での転職のチャンスを逃さないためにも、少しでも早く転職活動への行動を行うことの優位性、逆に言えば転職活動が遅れることのデメリットを説明します。

 いまの職場のまま環境が変わるのに賭けるのはギャンブル

 いまの職場のまま、いずれ環境が変わるかもしれないと賭けるのは、文字どおりギャンブルです。

 いまのまま会社に残っていても、上司が代わる、部署が代わる、従業員が増員される、働き方改革で社員の残業や休日出勤が減る。

 業績が改善されて給料やボーナスが上がって生活が豊かになる。

 倒産、リストラ、早期退職制度も自分には関係ないだろう。

 いずれ環境は良くなる

と期待していませんか?

 環境が変わるのを待つよりも、自分自身の力で環境を変えていくことが大切です。そんな結果が待っています。

 年齢が若い方が転職は有利

 若ければ若いほど、内定しやすいのが現実です。

 なぜなら、企業側も若い方が採用しやすいからです。

 その理由は、若い方が

 伸びしろが多い

 働ける年数も長い

 自分の色が薄く会社に順応しやすい

 今いる従業員も若い転入者の方が扱いやすい 

 有能で若い人材を取りたい

このように企業側は考えます。

 当然年齢があがればあがるほど、求人も少なくなっていきます。

 動くなら、一分一秒でも早い方がいいのは間違いありません。

 先延ばしするほど40代での転職は難しくなります。

 年齢があがるほど、採用のハードルが変化する

 年を取ればそのぶん、経験、スキルもより高いものが要求されます。

 そして、企業側からは即戦力として期待されます。

 即戦力として、

  • これまでに磨いてきた部下を率いて成果をあげる管理能力
  • 業界や職種に対する幅広い知識
  • 年齢に見合った能力

が求められ、転職時の面接でもプレッシャーもかかります。

 これらを跳ねのけて転職するには、自分のもっている市場価値へ自信が持てるかが必要になります。

 コロナ禍における転職活動

 現在のコロナ禍では、いままで以上に不透明な要素が多くなっています。

 今後の感染拡大、ワクチンの普及など見通しの立たないことばかりです。

 IT、AIなど時代の変化のスピードがとにかく速い。

 40代の転職でも、当然パソコンスキルが必須。

 さらに今後、新たな社会問題がいつ出てきてもおかしくありません。

 そして、景気の悪化もいつくるかわからない。

 景気や社会情勢にあわせて、IT以外にも伸びる分野、沈む分野がどうなるのか。

 いま自分が持っているスキルや経験を活かせるうちに転職活動に参戦しないと、時代の変化に取り残された時には転職先はなくなります。

 自分や家族の生活環境は変わっていく

 40代のあなたは、新たなライフステージ、ライフイベントに直面します。

  • 子どもの中学、高校、大学への進学。
  • 親の介護問題などの生活の変化。

 それに伴って出費は増えていきます。

 さらにマイホームのリフォームや車の買い替え。

モリモリ
モリモリ

 このような生活の変化、支出の増加を見越すなら、早めに転職活動を始めましょう。

 転職に成功した場合でも、転職直後はいまよりも給料が下がる場合があります。

 しかし、転職先で成果を出すことで、結果的に今の会社で働き続けるよりも年収がアップする可能性は十分あります。

 20代、30代よりも家族や自分の時間を大切にしたいなら、ワークライフバランス重視の転職活動も魅力です。

 「転職活動はやっぱりやめる」と考えるのはもったいない!転職活動はノーリスク!!

 

転職したい人
転職したい人

 いまの生活を変えたい!

 人生を向上させたい!!

 と思って転職活動を考えても、上手くいかなかった時のリスクを想像すると、現状を変える不安に負けてしまい、

諦める人
諦める人

 今のままだと不満はあるけどしょうがない

 と転職活動を諦めてしまうのは、人生のチャンスを掴みかけたのに自分から手放してしまうようなものです。

 転職活動自体は、完全にノーリスク。

 

チェックポイント

 転職活動をやってみて、気に入った会社があればエントリーすればいいし、気に入った会社がなかったり、転職活動を通じて今の会社がいいと思うなら、そのまま続ければいいんです。

 転職活動自体は、完全に後出しジャンケンと同じ。

 選択権はあなたにあります。

 実際に合格した後、

悩む人
悩む人

やっぱり思っていた会社と違った…

 というミスマッチを防ぐためには、転職活動中に従業員の口コミサイトを見たり、面接の際に従業員と話をする機会をもらえないか聞いてみましょう。

 生の声を聞くことで、その職場の雰囲気を知ることができます。

モリモリ
モリモリ

 もし、違和感を感じたら辞退すればいいし、魅力を感じるなら転職すればいいんです。

 自分の人生、幸せのためには少しくらいワガママになってもいいんです。

 あなたの人生を幸せなものにできるのは、あなただけです。 

 何もやらずに諦めてしまうのは本当にもったいないこと。

 あなたの人生は、少しだけの勇気で理想に近づけることができます。

 まずは、転職サイトや転職エージェントのサイトを眺めたり、無料登録するだけでもOKです。

 無理のない範囲で、自分のペースで前に進んでいけばいいんです。

 まとめ

ジャンプする人

 転職は不安で怖いというモヤモヤした悩みを解消するためにも、自分の気持ちと向き合いましょう。

 そして、転職活動が不安で怖いと思う理由を言葉にして把握する。

 次に、その不安や恐怖の解消方法をしっかりと知ることが大切です。

 あなたも、本当は好きなこと、やりたいことがあるはずです。

 昔、興味があったことは何ですか?

 たった一度きりの人生、どうやって生きていきますか?

 好きなこと、やりたいことで人生を充実させていきたいですよね。

 まずは、ほんの少しの勇気を出して、自分の好きなことを受け止めてみましょう。

 1日に5分だけでいいので、好きなことに関する時間を取ってみる。

 不安を抱きながらも一歩を踏み出した瞬間、人生が変わり始めます。

 どんな偉人でも、不安でいっぱいの気持を抱えたまま、自分の意志で一歩を踏み出したんです。

 そして、不安なままでも一歩を踏み出していく行動を勇気と呼ぶのです。

 いまの自分を解決するには転職が必要なら、転職エージェントを利用して、自分が求める条件に見合った会社を転職エージェントと一緒に探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました