【徹底比較】退職代行サービスおすすめ主要3社のサービス内容

青空と鳩

どうも、モリモリです(@m_SideFIRE)

あなたは、

悩む人

いまの会社をどうしても辞めたいけど、引き留めにあって退職出来ない…。
退職代行を使って退職したいけど、失敗したくない。
安心して使える退職代行サービスを知りたい 。

 

悩む人

もう会社を辞めたいけど、パワハラ上司に退職を言い出しにくい…。

という悩みを抱えていませんか?

実はこの悩み、勇気を出して退職代行サービスを使うことで解決できるんです。

なぜなら、会社に言い出しにくい退職の手続きを退職代行サービスが全て代わりにやってくれるから。

モリモリ

私も会社を辞めるまでは、かなり悩んで退職するまで半年くらい時間がかかった経験があります。

退職代行を使うにしても失敗したくない、安心なのか知りたいというあなたも、この記事を読めば、おすすめの退職代行サービスを知ることができます。

この記事を読めば、安心して使える退職代行サービスがわかって、退職への一歩を踏み出すことができます。

結論は、

結論
  • 退職代行ガーディアン
  • 退職代行Jobs
  • 弁護士法人みやびの退職代行サービス

この3つから選べば、何の心配もなく退職して、新しい人生を歩み出すことができます。

それでは詳しくみていきましょう。

目次

退職代行サービスとは

天秤

退職代行サービスとは、

チェックポイント

本人に代わって、勤務先に退職の意向を伝え「円満退社」できるように支援してくれるサービスです。

最近では、ニュースやメディアなどでも取り上げられることが増えているので、退職代行サービスを利用する人が増加しています。 

悩む人

会社を辞めたいけど言いにくい…。
ストレスが限界で会社を辞めたい…
パワハラがひどくて、このままでは健康を害してしまう…。

というような悩みを抱えている人たちがスムーズに退職できるように協力してくれます。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をする必要は一切ありませんし、明日から出社しなくても良くなるんです。 

安心の退職代行サービスのおすすめ3選

それでは、退職代行サービスのおすすめTOP3を紹介します。

いまや退職代行サービスは100社以上あると言われています。

その中から、厳選した、本当に安心して退職代行を任せることの出来る、失敗しない業者をピックアップしました。


退職代行ガーディアン
退職代行Jobs
退職代行Jobs
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび
実績退職成功率100%退職成功率100%退職成功率100%
料金29,800円(追加料金なし)27,000円(+交渉代)55,000円(+オプション料金)
交渉力労働組合なので交渉可能労働組合との連携で交渉可能弁護士の直接対応
運営先東京労働経済組合退職代行専門会社弁護士事務所
対応地域全国対応全国対応全国対応
その他相談無料 即日対応相談無料 24時間365日
即日対応
相談無料 LINEで24時間対応 
最短即日
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各社の比較

退職代行ガーディアンの特徴

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

ガーディアンは、非営利法人(労働組合法人)で利益を目的としておらず、利用料金も退職代行の料金ではなく、労働組合の組合費となっています。

労働組合なので、会社との交渉はもちろん可能。

弁護士事務所レベルの確実性、合法性を備えたサービスを受けることができます。

難易度の高いケースでも退職実績があり、なかなか辞めさせてもらえない場合でも組合が団体交渉して依頼者を守ります。

  1. 東京労働員会に認定されている法適合の合同労働組合がおこなうため違法性がなく安心で確実性が高い
  2. 雇用形態に関わらず、29,800円の一律料金。追加料金もなし
  3. 365日、即日対応可能
  4. 相談した当日から出社の必要なし
  5. 会社や上司への連絡不要
  6. 確実に退職
  7. LINEで無料相談可能
  8. 全国対応可能

                 

サービス料金

正社員・アルバイト・パート:一律29,800円

別途追加費用は発生なし

                   会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

退職代行Jobsの特徴

退職代行Jobs

退職代行Jobs

退職代行Jobsは、弁護士の監修と労働組合の連携がある退職代行専門会社なので会社側との交渉が可能です。

朝日新聞、読売新聞をはじめとしたメディアに多数掲載されており、おすすめ度、安心度の高い1社です。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  1. 弁護士監修、労働組合との連携で会社と交渉可能
  2. 追加料金、期間制限なしでサポート
  3. 手続きは最短30分 
  4. 24時間対応 即日即退職可能
  5. 有給休暇の無料申請サポート
  6. 会社への出社や連絡は必要なし
  7. 退職できなければ全額返金
  8. 無料の求人紹介サービスで転職活動もフォロー
  9. 社宅や寮の方も引っ越しサポート
  10. 全国対応可能

サービス料金

シングルプラン:退職代行 27,000円(税込み)

*後から労働組合に加入する場合、新規加入金2,000円+組合費2,000円の合計4,000円が必要となり、31,000円になります。

安心パックプラン:退職代行27,000円+労働組合2,000円 29,000円(税込み)

退職代行Jobs

 

弁護士法人みやび退職代行サービスの特徴

 

弁護士法人みやびの退職代行サービス

 

弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士事務所の退職代行サービスです。

退職代行サービスの大手であり、弁護士が直接対応してくれる安心感があります。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  1. 残業代や給料の未払い交渉、退職金の請求なども可能(オプション費用:回収額の20%)
  2. トラブル問題解決のプロである弁護士を介したサービス提供
  3. 他社に断られた困難なケースでも相談可能
  4. 出勤することなく即日円満退職
  5. LINE、メールで24時間対応
  6. 全国対応可能

サービス料金

着手金:55,000円(税込み)

オプション費用:残業代や退職金請求などの回収額20%

実費:郵送料等

 まずはLINEで無料相談

退職代行サービスの利用者が多い業種

オフィス

退職代行サービスは、幅広い業界・職種で利用されるようになっています。

一般的なサラリーマンはもちろん、製造業などの工場勤務、警備員、公務員、自衛隊などでも利用されています。

公務員の方は、民間や労働組合の退職代行ではなく、弁護士事務所を利用して下さい。

弁護士は、民間、公務員問わず本人を代理することが法令上可能となっています。



利用者が多い職種
  1. ITエンジニア(プログラマー)~客先での常駐、契約関係、引き継ぎの問題で退職が先延ばしになる傾向が多くなっています。
  2. 介護福祉士・医療系~コロナウィルスによる人手不足や感染への恐怖もあり、人手不足のところが多く、後任や新規のスタッフが入所してこないため、退職が引き延ばしになってところが多くなっています。
  3. 保育士~保護者とのトラブルも多く、1年単位で働くことが常識となっていることが退職代行サービスの利用増加の一因です。
  4. 水商売~給料や報酬の未払い問題や人気のホステスなどは、お客さんの連絡先や次に行く店との関係など色々な問題があるようです。
  5. 営業職~理不尽な営業ノルマや、上司からのパワハラ、セクハラなどブラック企業が今でも多く、ストレスで心身の健康を損ない悩んでいる方が多くなっています。
モリモリ

勇気をもって、退職代行に依頼し仕事を辞めれば、ウソのように気持ちが軽くなります。

特にブラック企業の場合は、すぐに逃げましょう。

退職代行サービスを利用する理由

協力

現在、勤務している会社でトラブルを抱えていたり、なかなか退職届を受け取ってもらえず、悩んでいる方は、ぜひ退職代行サービスの利用を検討してみてください。

悩む人

職場が人手不足だから、辞めたいと言っても後任が入社するまで待ってくれと言われて引き止めに会い続けている…。

もう疲れた…。

このように、新型コロナウィルスの影響等で、

  • 賃金の未払い
  • 会社との間でトラブルを抱えた人
  • 会社の上司と会いたくない人

など、退職代行サービスの利用者は増え続けています。

 

モリモリ

引き止めなどで会社をなかなか辞められないときや、退職の意思を伝えにくい、もう会社に顔も出したくないという場合に利用するケースが多いんです。

私も退職の意向を上司に伝え、有給休暇の取得を申し出たときには文句を言われました…。

ブラック企業の場合、上司や人事担当者から退職の引き留めにあったり、退職日の引き延ばしに合って退職届を受理してもらえないことなども。

そのような時には退職代行サービスを利用してみて下さい。

退職代行サービスを利用、または利用したい割合は25%以上

希望

マイナビが調査した結果、退職代行サービスの利用経験あり、利用意向ありの合計は、25.7%という高い数値でした。

マイナビ転職動向調査2020年版

このことからも、

最近はセクハラ、パワハラ、モラハラ、リモハラなどの職場の人間関係などに苦しむ人の他にも、延々と引き止めにあって退職を2~3カ月引き延ばされているケースが多いことがわかります。

その結果、転職先の入社に支障がでるなどの理由で退職代行を利用する人が増えているんです。

退職代行サービスのメリット

歓喜

退職代行サービスを使うメリットは

  • 出勤することなく即日退職できる
  • 上司や同僚と顔を合わせる必要がない
  • 面倒な手続きが不要
  • 100%退職できる

以上の4点です。

①出勤することなく即日退職できる

法律的には、退職の2週間前までに会社側の申し出る必要があります。

現実的には、最低でも1カ月から2カ月前には事前に申告するケースがほとんど。

しかし、退職代行サービスを使えば、退職の連絡をしてもらった当日から有給休暇を取得したり、欠勤扱いとして会社に行かなくても済みます。

実質的に即日退職が可能になるんです。

会社や上司に退職の意向を伝えてから、まだ1~2カ月も出社するのは精神的にもしんどいし、気まずい雰囲気に耐えられないという方には本当に助かります。

自分の心と体が限界を迎えてしまうと、思考能力がなくなって、自分自身の痛みも感じなくなってしまいます。

モリモリ

一番大切なのは、あなたの健康です。

本当に悪化してしまうと、これからの長い人生にも大きな爪痕を残してしまいます。

取返しのつかない状態になる前に、一刻も早く逃げましょう。

逃げるのは悪いことでも何でもありません。

②上司や同僚と顔を合わせる必要がない

会社や上司に退職を申し出て、そこから退職日などを相談することを想像しただけで気持ちが重たくなりますよね。

退職日が決まってからも、上司や同僚と顔を合わせて仕事をしていくのは、苦痛以外の何ものでもありません。

しかし、退職代行サービスを使えば、上司や同僚と今後一切顔を合わせる必要はありません。

面倒な手続きが不要

会社を辞めたいと退職を決意してから、実際に退職にたどりつくまでには、越えてい掛ければいけないハードルがいくつもあります。

 

モリモリ

私の場合、20代で若かったといっても、かなり悩みました…。

退職代行サービスを使えば、本来なら一つずつ自力でクリアしていかなければいけない壁が一瞬で消え去ります。

 

健康保険証や身分証は郵送すればいいし、面倒な手続きはすべて業者に任せることができます。

そのため、気持ちに余裕をもって転職活動などの次のステップに取り組むことができます。

はっきりいって、メリットしかないサービスです。

100%退職できる

今回オススメしている優良な3つの業者なら、安心して任せることができるし、100%退職することが可能です。

料金だけで信用できない業者を選ばないように注意すれば退職は目のまえです。

退職代行サービスのデメリット

オフィス

退職代行サービスのデメリットは

  • 費用がかかる
  • 会社の人に迷惑をかける
  • 悪徳業者を選んでしまうとトラブルになりかねない

この3つです。

費用がかかる

普通に退職する場合は、お金はかかりませんが、退職代行サービスの料金がかかってしまうのはデメリットになります。

費用は、約3~5万円程度が相場になっています。

特に弁護士事務所に依頼すると、基本的に5万円以上となり、さらに成功報酬で追加料金がかかる場合もあります。

会社の人に迷惑をかける

退職代行サービスを利用して即日退職した場合、業務に支障をきたすことは目に見えています。

突然あなたのポジションがいなくなるわけですから、誰かがその穴を埋めなければなりません。

しかし、それ以上にあなたが苦しんでいるなら、一度きりの人生、会社のことを考えるよりも、自分を優先しましょう。

それに、誰かが抜けても以外と会社の業務は回るものです。

退職したいという自分の気持ちを一番大事にしましょう。 

悪徳業者を選んでしまうとトラブルに

相場とかけ離れた安価な料金をうたい文句にしている業者に依頼してしまうと、料金振込後に連絡が取れなくなるなど、詐欺まがいの被害に遭うケースもあり得ます。

また、詐欺まではいかなくても、雇用形態、連絡回数、取次内容などによってその都度追加料金が発生するケースも。

その他にも、会社側との交渉がうまく進まない、結果的に辞めることができないなどのトラブルの元になります。

代行費用(料金)の相場は?

お金

退職代行サービスの相場は、3~5万円程度が大半です。

代行費用の支払は、クレジットカードや銀行振込などの利用が可能です。

最近は、5,000円~1万円などの激安業者も増えていますが、実績が少ないところの利用はオススメできません。

  • 対応が遅い
  • 専門知識がない
  • 流れがわかりにくい
  • 詐欺まがいで連絡がとれなくなった

などの事例も確認できています。

また、無料の代行サービスは、転職エージェントとしての転職支援まで利用することがセットになっていることが大半のため、事前にしっかりチェックしましょう。

退職代行サービス利用の流れ

工程会議

退職代行サービスは、Webサイトや電話、LINEなどのメールから依頼するだけで簡単に利用が可能です。

問い合わせフォームに必要な情報を入力するだけで申し込みが完了します。

例えば、

  • 即日退職したい
  • 離職票が必要

など細かな要望にも対応してくれます。

退職代行サービスの利用の流れはとってもシンプル。

たった4ステップで完了します。

退職代行サービスの流れ
  1. LINEかメール、電話で連絡・相談
  2. 内容に納得したら料金を支払う(申し込み)
  3. 担当者と打ち合わせ
  4. 退職完了を待つ

①LINEで連絡・相談

まずは、LINE、メール、電話で連絡をして、現在の状況や悩みを相談します。

悩む人

いますぐにでも辞めたい…。

退職金もきちんともらいたい…。

残っている有給休暇も消化したい…。

家族や親には内緒にしてほしい…。

など、悩みがあれば何でも相談してみましょう。

相談だけなら基本的に無料ですから、気軽にLINEで相談してみましょう。

②料金を支払う(申し込み)

 相談の上、納得することができたら料金を支払います。

 支払いは、クレジットカードや銀行振込が可能。

 支払いによって、申し込み完了になります。

 ③担当者と打ち合わせ

申し込みが完了すれば、担当者と簡単な打ち合わせがあります。

電話での打ち合わせでもいいですし、送られてくるヒアリングシートに必要事項を記載して返信してもOK。

業者によっては、申し込み当日に退職代行を実施してくれる迅速なところもあります。

④退職完了を待つ

その後は、退職が完了するのを待つだけ。 

退職が完了すれば、LINEなどで連絡をくれます。

 

モリモリ

退職後の備品の処理などについてもスタッフから具体的な指示があるので、指示どおりに動けば問題ありません。

こんな感じで、とっても簡単、シンプルです。

手続きは簡単にできるので、まずは気軽にLINEで無料相談してみることをオススメします。

退職代行サービスを選ぶ際のポイントと注意点

退職代行サービスを選ぶ際、どうしても料金にばかり目がいってしまいますが、退職代行サービスを選ぶときには、

価格の安さだけではなく、

  • 専門性
  • 実績
  • サポート体制

などにも着目して検討しましょう。

金額的には、大きな差はありません。

退職代行専門業者と労働組合、弁護士事務所の違い

会議

まず、退職の手続きを代わりにしてくれるという点はどこも同じです。 

最大の違いは、未払い代金や残業代などの支払い請求などの交渉が可能かどうかです。

未払い賃金の対象となる賃金とは
  • 定期賃金
  • 退職金
  • 一時金(賞与・ボーナス)
  • 休業手当(労基法第26条)
  • 割増賃金(労基法第37条)
  • 年次有給休暇の賃金(労働法第39条)
  • その他法第11条に定める賃金に当たるもの

退職代行業者は、未払い賃金の交渉はできません。

未払い賃金の請求交渉などがある場合は、多少費用が高くても、弁護士による代行サービスを利用しましょう。

退職代行業者が運営する退職代行サービスの特徴

退職代行専門業者は、退職の連絡や手続きの代行、荷物の引き払い、備品の返却などを代行してくれる会社です。

一般的に退職代行サービスと呼ばれています。

退職代行業者の中にも、顧問弁護士監修などの表記があるのが大半ですが、適正適法な業務のための指導を行っているのが多く、弁護士が直接代行業務を行っているわけではありません。

弁護士が監修して労働組合と連携することで、未払い賃金の請求交渉などに対応している専門業者も存在します。

弁護士事務所が運営する退職代行サービスの特徴

弁護士事務所は、労働問題の交渉等が可能です。

さらに、労働問題に関するほぼ全ての問題に対応可能できることが最大のメリット。

その分、費用としては高額になる傾向があります。

未払い賃金の交渉や有給休暇の未取得などの問題が発生している場合は、弁護士事務所が手掛けている退職代行サービスを利用するのがベストです。

その際は、給与明細、タイムカードや出勤簿のコピー、トラブルの内容が記載されたメールのコピー、上司との会話の内容を録音したものなどを提出できるように事前に証拠を集めて準備しておきましょう。

また、会社から損害賠償請求などの訴訟を起こされた時に代理人となることができます。

労働組合が運営する退職代行サービスの特徴

労働組合が行う退職代行サービスは、憲法と労働組合法で団体交渉権が保証されていることからも、合法になります。

会社から損害賠償請求をされるなど裁判になった場合、代理人になることができないのがデメリットですが、会社から裁判を起こされる可能性はほぼゼロです。

コストの面から考えると、労働組合の退職代行サービスがオススメです。

退職代行サービスを使う際によくある疑問

黒板

最後に、よくある疑問点への回答を載せておきます。

就業規則で退社する〇ケ月前に申告と書いているが、即日で辞められますか?

依頼日当日から出社する必要はありません。
就業規則で〇ケ月前に申告すると規定されている会社は多いですが、それはルール的なもので会社の希望です。
民法では、無期雇用の場合、2週間前までに退職の旨を伝える必要があるとありますが、会社が認めればその日でも退職は可能。

会社から訴えられませんか?

脅し文句として訴訟を伝えてくるケースもありますが、裁判の費用や時間的なコストを考えると会社側にメリットはありません。

会社から連絡が来ませんか?

会社に対して、退職代行サービスから本人には連絡しないように伝えるので、ほとんどの会社から連絡は来ません。

親にバレませんか?

会社への通達時に、本人への連絡とともに、両親へも連絡しないように伝えるますが、絶対に連絡がいかないと断言できません。

残っている有給休暇は取得できますか?

法律上、有給休暇は労働者の権利です。

保険証や制服はどうすればいいですか?

返却する必要がある貸与品は、会社に郵送で返却できます。
最後の日に会社に置いておくと、その手間も省けます。

社宅に住んでいても退職出来ますか?

可能です。退去日について退職代行サービスに確認しましょう。

まとめ

手錠を外す

退職代行ガーディアン
退職代行Jobs
退職代行Jobs
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび
実績退職成功率100%退職成功率100%退職成功率100%
料金29,800円(追加料金なし)27,000円(+交渉代)55,000円(+オプション料金)
交渉力労働組合なので交渉可能労働組合との連携で交渉可能弁護士の直接対応
運営先東京労働経済組合退職代行専門会社弁護士事務所
対応地域全国対応全国対応全国対応
その他相談無料 即日対応相談無料 24時間365日
即日対応
相談無料 LINEで24時間対応 
最短即日
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各社の比較

あなたがいま、

  • 会社を辞めたいけど辞められない
  • 仕事が辛いけど、辞めたいと言いにくい
  • パワハラやセクハラに悩んでいるけど、退職届を出すのが怖い
  • 入社してすぐだし、辞めたいことは言い出しにくい

このように悩んでいるなら、退職代行サービスの利用を検討してみましょう。

相談だけなら無料で出来ます。

悩みがあるのに、それにガマンして生きてくなんて時間がもったいない。

これからの人生、いま頑張って次のステップに進みましょう。

すぐに行動すれば、そのぶん次の転職先への準備の時間も取ることができますし、何よりも心と体の健康を取り戻すことができます。

あなたも、一歩を踏み出して自由で幸せな人生を生きていきましょう。 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次