【人生がもったいない‼】仕事の時間が無駄だと感じる時の対処法

ストップ看板

どうも、モリモリです。  (@m_SideFIRE)

あなたは、

悩む人

こんな嫌な仕事をして時間だけが過ぎていく…
せっかくの人生、無駄な時間を過ごしている…
仕事をしている時間がもったいない…

いまの仕事内容に興味がもてず、退屈な時間を過ごしている…。

せっかくの人生なのに仕事のために無駄な時間を過ごし、ただ時間を浪費しているのがもったいない…。

こんな風に悩んでいませんか?

実はこの悩み、副業や転職活動を始めたり、時間を無駄にしない対処法を知って行動することで解決出来るんです。

私も、現在の仕事では、

モリモリ

自分の時間が全く取れない…
これじゃ生きている意味が分からないし、時間がもったいない…
早く脱出したい…

と思っていて、悶々とした日々を過ごしていますが、なんとかして今の生活から脱出してやろうと考えています。

この記事では、人生の貴重な時間を無駄に過ごさずに済む方法を紹介しています。

この記事を読めば、仕事をしている時間がもったいないと虚無感を感じながら働くのをやめる方法がわかります。

結論は

結論
  • 今の仕事にやりがいを見つける
  • 部署異動を申し出る
  • 副業を始める 
  • 独立起業してフリーランスになる
  • 転職活動を始める
  • FIREを達成して自分の人生を取り戻す

となります。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

目次

仕事を辞めたいと考えながら働くのは苦痛

砂に埋まった時計

今日も職場に行くのが苦痛。

それは、昨日とさほど変わらない退屈な時間を最低でも10時間近くをオフィスで過ごさなければならないから。

しかも、朝早くから、座れるか座れないかの電車で片道1時間の通勤。

職場に着いてからは、仕事が一区切りするごとに、時計を見てしまう。

時間が経つのが遅い。

トイレに行ったとき、外の景色を眺めるのが唯一の気晴らしになる。

でも、外の景色を眺めれば眺めるほど、この職場に閉じ込められて無駄な時間を過ごしている事実を思い知らされて、虚しくなる。

最低限のパソコン作業で、報告のための資料を作って上司に報告する毎日。

成長を感じることもできない。

楽しみといえば、帰宅後のわずかな時間と週末の休みだけ。

帰りの駅ではストレス発散のためコンビニで菓子パンなどを買ってお金を使ってしまう。

こんな風に、人生の貴重な時間を無駄に過ごして、仕事を辞める日が来るのを待つ。

しかし、その頃には歳を取ってしまっているのが目に見えている…。

こんな人生じゃ、悲しすぎます。

 

モリモリ

あなたも、仕事を辞めたいと感じながらも、辞められずに苦しんでいませんか?

こんな風に悩みを抱えて悶々として生きている会社員(サラリーマン)や公務員はとても多いはずです。 

働いている時間がもったいないと感じる場面とは

腕時計

 それでは、実際に働いている時間がもったいないと感じる具体的な場面を見ていきましょう。

嫌な人間関係

職場の人間関係が上手くいっていないと、その場にいるだけで苦痛です

悩む人

何のために、こんな嫌な場所にいなければいけないのか…
何でこんな嫌な人と接しなければいけないのか…
こんな無駄で嫌な時間を過ごす意味はあるのだろうか…

という気持ちになります。

周りの人間関係に気を遣い過ぎて疲れてしまうのは、仕事自体のやりがいを感じる以前の問題。

常に周囲の顔色を伺って、忖度しなくてはいけない職場より、人間関係が良好な職場なら、仕事へのやりがいを感じながら元気よく働くことができます。

アドラー心理学では、

アドラー心理学では

悩みの原因は、すべて人間関係である。

とまで言い切っています。

それだけ人間関係というのは、私たちに影響を与えているし、人間関係がギクシャクした職場なら、それだけで仕事への情熱や価値は下がってしまうということです。

誰にも貢献していない報告するためだけの仕事

上司に報告するためだけの仕事は、何のやりがいも感じません。

悩む人

自分たちの組織の中だけのための仕事であり、世の中に対して何の貢献もしていない、ただ無駄なことをしている…

という思いが湧いてきます。

そして、この仕事には何の意味もないという思いに至ります。

これは、特に公務員の業務内容に多い傾向があります。

生産性がない

自分がやっていることが、利益に結びつかない生産性のない仕事だった場合、働いている時間がもったいないと思うのは当然です。

自分がした仕事で、誰かの役に立ったり、誰かが喜んでくれれば自分も嬉しいものですが、自分の仕事で誰にも喜んでもらえないなら、仕事の意味を見失ってしまいます。

誰にでも出来ること・同じことの繰り返し

仕事の内容が誰にでも出来ることや、毎日同じことの繰り返しの場合、次第に退屈してくるし、自分の成長を感じることもできません。

そんな仕事をしていると、ふと、

悩む人

この無意味な時間をただ過ごしていくだけで、いつの間にか年を取ってしまっている… 
 
自分の人生はこれでいいんだろうか …

と気付き、悲しくて切なくなります。

 

自己成長を感じることができない

いまの仕事が、自分のキャリアップに全くつながらず、自分が成長できていないと感じる場合、本当に時間の無駄だと感じてしまいます。

何らかのスキルアップも望めず、いまの仕事以外では全く役に立たない業務をただこなしているだけでは、リスクだけが高まっている状態。

もし、今の会社が倒産したり、リストラにあった場合、転職もままならない状況に陥ります。 

他者への貢献を感じられない

人間は長い歴史の中で、社会を作り、それぞれの得意なことを分業してお互いに助け合って生きてきました。

そのため、自分の仕事が周りの役に立っていると感じられることは、自己肯定感を高める上でも重要になってきます。

他者への貢献、親切によって人間のもつ3つの欲求が満たされます。

  • 自尊心:他人の役に立つことで、「自分は有能な人間」という感覚が生まれる
  • 親密感:親切のおかげで他人と近くなった気分になり、孤独感から逃れやすくなる
  • 自立性:「他人のためになった」という感覚が、「誰から指示されたわけではなく、自分で自分の幸せを選択できた」という気持ちにつながる

この3つの欲求は、人間が幸せを感じるためには欠かせず、うまく満たせない場合には仕事へのやりがいは生まれません。

自分の仕事が、他人に対してどれくらい貢献しているのかを感じやすかったり、見えやすい仕事なら、自分の仕事への満足度も高くなりやすいのですが、逆に見えにくく、感じにくいなら、仕事への満足度は低くなる傾向になります。

長時間の会議・ミーティング

何のためにやっているのかわからない、ただ会議をすることが目的になってしまっているような長時間の会議やミーティングは無駄な時間の代表格。

さらに、結果的に何も決まらない場合は最悪です。 

何の意味もない時間をただ過ごしているもどかしさがこみ上げてきます。

悩む人

この無駄な時間がなければ、もっと他の仕事を進めることが出来るのに…

という思いを抱えながら参加しなければならないのは、苦痛以外の何ものでもありません。

意味のない付き合い残業や休日出勤

自分の業務が終わっているのに、上司が残っているからという理由で自分も帰れないのは、本当にイライラします。

この時、本当は帰りたいという気持ちと、

悩む人

帰ったら周りからどんな風に見られるのか、上司から嫌われて今後職場に居づらくなるかも …

という気持ちが交錯して、結果的に同調圧力に屈して意味のない時間をオフィスで過ごすことになります。

モリモリ

しかし、すでに早く帰りたいという気持ちしかないため、残業していても何の成果もない無駄な時間を過ごすことになります。

また、急に入った仕事によって休日出勤しなければならないのも、貴重な人生を無駄にしているという気持ちが湧いてきて苦痛を感じます。

休日出勤によって、残業代が出たり代休を取れればまだマシですが、それらがない場合、自分の人生を会社に捧げて犠牲にしているようなものです。

しかも、古い体質の企業や上司であればあるほど、残業や休日出勤をしているだけで評価されたり、逆に時間内に仕事を終わらせて、休日もしっかり取った方が評価が低いという場合すらあるのです。

ただ待つだけで何もしていない時間

関係者や荷物などが来るのを待つだけの時間も無駄だと感じますよね。

それ以外の仕事がない状態なら、まだいいのですが、その他にも仕事が立て込んでいる時なんかは、居ても立っても居られない心理状態になってしまいます。

そして、無駄な時間を過ごしたことで残業や休日出勤につながってしまうという負のスパイラルに陥る場合も経験上多いですよね。

作っても使わない資料や書類作成

説明資料として、念のために作る資料や書類が結局読み飛ばされて全く意味がないことって多いもの。

それまでの慣習に沿って一応作ってはみたものの作るだけ無駄ということも多々あります。

次第に作りながらも、

どうせ意味がない …

と思うようになってきてモチベーションも下がっていきます。

リモートワークがないので会社に出勤しなければならない

日本では、まだまだリモートワークの普及が進んでいません。

せめてリモートワークで自宅で仕事が出来ればいいのですが、わざわざ会社に集まって仕事をすることに無駄を感じてしまいます。

自宅でやっても結果は同じなのに、無意味な移動をしなければならないのは、時間がもったいないと感じて当然です。

無駄な通勤時間

リモートワークが出来ないことで、無駄な通勤時間が生まれます。

自宅を出てから会社に着くまでの時間が1時間を超えてくるようなら、往復で2時間。

少なく見積もって1カ月のうち20日出勤したとして年間で240日、480時間です。

一年のうち20日分も通勤で無駄な時間を過ごしていることになります。

しかも、この通勤によるストレスや疲労はとても大きいもので、仮に通勤時間が30分以内だったり、リモートワークでゼロなら、その差は歴然です。

断れない飲み会 

飲み会は、時間とお金を無駄にする最たるもの。

特に行きたくもない職場の飲み会なら、つまらない無意味な時間を使ってしまいます。

それに飲み会の中でも周囲の状況を気にして気を遣い、帰宅するとグッタリ。 

さらに次の日のパフォーマンスも低下するし、百害あって一利なしです。

無能な上司

自分の出世のことしか考えていない、視野の狭い上司は、無能に感じてしまいます。

今の職場しか知らず、自分が責任を取ることをおそれ、上司の顔色ばかり窺っている。

そして、結果に全く影響のない不必要な作業を命じてくる。

その作業が不必要なことにも気付いていない…。

自己満足な仕事を部下にさせて、それを上司にアピールしている…。

こんな無能な上司の下での仕事なんて、時間の無駄、人生の無駄づかい、そしてこの環境でストレスを感じているというのが耐えがたい事実…。

悩む人

なんで自分は、こんなにも貴重な人生の時間を無駄に過ごしてしまっているんだろう…

と無力感に苛まれてしまいます。

 

会社の時間の無駄だと思いながらも辞められない理由

SLUMDUNKの三井寿
          引用元:SLAM DUNK

こんな不毛な日々が、ただの時間の無駄だとわかっていながらも、今の仕事を辞められない理由はいくつかあります。

給料さえもらえればいいと割り切っている

仕事に求めるものとして、最低限の給料さえもらえればそれでいいと割り切っている場合、無駄な時間を受け入れて働くこともできます。

しかし、今は会社の寿命が平均で23年とどんどん短くなっています。

成長できない職場で給料の代わりに無駄な時間を過ごしていることは、大きなリスクにもなってきます。

それは、いまの会社にしがみついて生きていると、いざという時に転職が出来ないというリスクにつながってしまうからです。

自分から動くのが怖い

一度就職した会社。

人生の中で無駄な時間を送っていると思いつつも、自分から動くのが怖いという人も多いのが現実です。

例えば、

副業や転職をする勇気がない

時間がもったいないと思っていても、諦めて毎日を過ごしている

仕事はガマンして給料をもらうものという考え方が根強いと、このように考えて自ら動けなくなってしまいます。

家族もいるし、生活のためにはリスクを冒せない

特に配偶者や子供がいたり、マイホームもあるとリスクを冒せず、

悩む人

私の人生はこれでいいんだろうか…

と思いながらも今の仕事をガマンして続けていくという道を選びがちです。

転職をしたいと思っても、嫁ブロックにあって、今の苦行から抜け出すこともできない状態に陥ったり…。

  

モリモリ

私も昨年、転職を考えた時に嫁ブロックにあいました…

しかし、一度切りの人生です。

家族の生活を守りながらも、自分の人生を充実させていくという道を探したっていいと思います。

 

仕事の時間がもったいない、無意味に感じると思ったときの対処法

砂時計

このような理由があって現状を変えることが出来なくても、自分の人生をコントロールして豊かなものにしていくことは可能なんです。

人間の人生は、せいぜい数十年。

この限られた人生の中で、大きなウェートを占める仕事をいかに充実したものにしていくかどうかで、自分の人生を有意義なものにできるかが決まると言っても過言ではありません。  

今の仕事にやりがいを見つける

今の仕事の中にも、何か楽しさや自分のキャリアアップさせることを探してみましょう。

例えば、

単純作業であっても、より効率的な作業方法を見つけ出し、少しでも作業を早く終わらせて楽にしていくとか、営業なら顧客への信頼を得るための方法を探す、経理ならExcelなどの集計作業などに詳しくなるとか

今の仕事の中で、少しでも自分にプラスになるように工夫してみましょう。

部署移動を申し出る

どうしても今の仕事が無駄としか思えず、モチベーションが沸かないなら、部署異動を申し出るのも有力な解決策です。

もちろん、申し出たからと言ってすぐに希望の部署へ異動できるわけではありませんが、申し出ないよりは可能性が高まります。

申し出るときは、ネガティブな理由よりも、希望先の方がより自分の能力を活かして成果を出せるなどポジティブな理由を付け加えておきましょう。 

そして、部署が異動されるまでは、最低限の仕事を淡々とこなして体力と気力を温存して生活していきましょう。

温存した体力と気力を使って、この後説明する副業や転職などを進めるのもオススメです。

副業を始める

次に、副業を始めて収入を得るという方法もあります。

もし、今の仕事が残業や休日出勤が少ないなら、副業をする時間を作り、収入を得ることで今の仕事にしがみついて生きる必要がなくなります。

その結果、いつでも今の仕事を辞めることが出来るような金銭と精神的な状態になれば、今の仕事のことがそこまで嫌ではなくなります。

場合によっては、今の仕事を楽しいとさえ思えるようになるんです。

それくらい、生きていくためには今の仕事を続ける以外方法がないと考えるのは、危険でリスクがあることです。

独立起業してフリーランスになる

副業が軌道に乗ったり、開業資金があるような場合、独立起業してフリーランスになって生きるという選択肢もあります。

独立したならば、自分自身が社長になるので、自宅で自由な時間に働くことも出来ますし、誰と会うのも自由です。

人間の悩みは、全てが人間関係の悩みと言っても過言ではありません。

フリーランスなら、嫌な人と付き合う必要もないのでストレスも激減します。

会社に行く必要もないので、満員電車のストレスともおさらばできます。

そう考えると、これからの時代、自分の手で生きていくフリーランスの魅力は計り知れません。

転職活動を始める

フリーランスになるのは怖いという人には、転職がオススメです。

転職することによって、自分のキャリアをアップさせて、やりがいのある仕事や自分がやりたい仕事に就くことが出来れば、時間の無駄だと思えるような働き方から解放されます。

すぐに転職しないまでも、転職活動を始めておくことは非常に大切です。

なぜなら、今の自分には、どんな転職先があるのかを知っておくだけで、

 

驚く人

今と大して変わらない給料で、こんないい仕事があるのか。
もっと近場に魅力的な職場があった。
給料が上がって、労働環境も良い職場がある!!

など、希望が拓ける可能性が十分にあるからです。

もし、今の自分には良い転職先が見つからない場合は、今の仕事の中で転職に有利なスキルを磨いていこうという目的意識を持つことにも繋がります。

まずは、転職サイトを眺めるだけでも構いません。

さらに興味がある方は、無料で転職エージェントに相談してみるだけでも、自分の市場価値がわかります。

しかし、

悩む人

転職は怖いし、リスクがある…

と考える人も多いと思いますが、実際に転職するのと転職活動は、全くの別物。

モリモリ

転職活動自体は、全くのノーリスクです。

転職活動をしてみて、もしも気にいった転職先が見つかれば応募してみて、実際に転職が決まってから、今の仕事を辞めれば、ノーリスクで人生を変えていくことが出来るんです。

FIREを達成して自分の人生を取り戻す

FIREとはFinancial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)の略語で、近年日本でもブームになっている考え方です。

簡単に説明すると、生活に必要な資金を早めに貯めて、早期リタイアするという生き方です。

生活資金の25年分を投資に回して、そこから4%分を毎年切り崩せば、理論的には投資資産が減少せず、働かずに生きていけることになります。

FIREを達成することが出来れば、嫌な仕事を辞めることが出来ますし、自分の自由な時間を取り戻して、お金に関係なく自分のやりたいことをやって生きていくことが可能です。

自分の価値観を大切にして生きていけばいい

山頂の風景

親や世間の意見、常識とされていることに沿って生きていくのは、ある意味簡単かもしれません。

普通に良い会社に就職したり、公務員になって結婚して、子供を授かってマイホームを建てる。

そして定年までガマンして働き、死んでいく。



しかし、それは自分の価値観で生きる人生ではなく、周りの価値観に従って生きるということ。

自分のやりたいこと、生きていく上で大事に思っていることを押し殺して生きる生き方です。

チェックポイント
  1.  後悔しない人生を生きるために必要なことは、自分の価値観を大切にすること。
  2.  仕事のために人生があるのではなく、人生を豊かにするために仕事があるんです。
  3.  仕事のために貴重な人生の時間を無駄にするのは終わりにしましょう。
  4.  自分の人生を変えていくために必要なことは、今この瞬間を全力で生きることです。
  5.  今日何をやったかで明日が決まります。 



それでも、変化やリスクを怖がるのが人間の本能。

考えてみると、メリットしかないことには、誰でも自然に行動できるんです。

 

モリモリ

問題は、リスクやデメリットがあるかも知れないときに行動を起こせるかどうか。

例えば、一方を踏み出すにしても、めんどくさい、疲れる といったデメリットが少なからず存在します。

しかし、リスクやデメリットを伴うことに対して一歩を踏み出す力が行動力です。

自分を犠牲にして生きていくと、死ぬときに後悔してしまいます。

自分もいつか死ぬという現実を直視して、後悔しない人生を生きていきましょう。

まとめ:貴重な人生の時間を無駄にしないために

シンプルな家具
悩む人

今の仕事をやっている時間がもったいない、人生の無駄だ…

と思いながら嫌々仕事を続けているのは本当にツラいですよね。

この状況を打破するためには、

  1. 今の仕事にやりがいを見つける
  2. 部署異動を申し出る
  3. 副業を始める 
  4. 独立起業してフリーランスになる
  5. 転職活動を始める
  6. FIREを達成して自分の人生を取り戻す

という方法があります。

これからは、仕事で人生を犠牲にして生きていくという人生観ではなく、自分が好きだと思える仕事をやったり、早期リタイアして本当に自分がやりたいことをやって生きていくことが可能な時代です。

充実感を感じる人生を目指し、嫌なことをやらない、嫌なことをして無駄な時間を過ごさないようにしていきましょう。

後悔しないように生きる。

人生は短いものです。

失った時間は帰ってきません。

無駄な時間を過ごしていると感じているなら、今すぐ行動を起こしましょう。

下の転職エージェントも転職サイトも無料で利用できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次