【会社を辞めたいと迷うアラフォー必見】40代が転職する方法を徹底解説!

40代の転職

 こんにちわ、モリモリです   (@m_SideFIRE)

 40代は、上司と部下との関係、出世、家族のことなど一番悩みが多い時期。

 あなたは、

 いまの仕事には、やりがい、年収、人間関係、ワークライフバランス、会社の将来性などに不満を感じている…。

 いまの仕事をやめたいけど、生活や家族のこともあるし、どうしたらいいんだろう…。

と悩んでいませんか?

 実はこの悩み、転職を人生の選択肢に入れることで解決することができます。

モリモリ
モリモリ

  私自身も、大学卒業後に新卒で入社した会社を2年で退職し、転職した経験があります。

 この記事では、今の会社に我慢して、心も身体もすりへらしながら働いているあなたが、転職を選択肢に入れて自由に穏やかな生活を送る方法を教えます。

 この記事を読めば、会社に不満があっても「我慢するのが仕事」という思い込みをふりはらって、失敗しない転職の方法を知ることができます。

 結論は、転職サイト、転職エージェントを利用することで無料で転職情報を得ることができ、今の会社以外の選択肢も手に入れることができるんです。

 それでは、40代の転職方法について解説していきます。 

 



 40代の転職について

 これからの時代、40代でも転職成功のチャンスはどんどん広がっています。

 終身雇用が当たりまえだった少し前までは、「35歳転職限界説」もありましたが、早期退職制度を取り入れる企業も増え、40代の転職も当たりまえとなっています。

 定年が65歳になり、再雇用などもあって現役で活躍できる期間が伸びているため、40代以上でも転職に成功する例が増えています。

 とはいっても、年齢を重ねるごとに求人は減っていくので、早く準備をした人の方が転職のチャンスをつかむことができます。

  

 仕事を辞めたい理由を明確にする

 あなたが仕事を辞めたい理由は何でしょうか。

  • キャリアを活かして伸ばしていきたい
  • 新たなチャレンジをしたい
  • 自分が本当にやりたいことを探すため
  • やむを得ず転職を考えている

転職の理由と目的は、人それぞれです。

 転職は、人生を変える変化。

 プラスの変化にしていくためにも、まずはあなたが転職を考えている理由を明確にしておきましょう。

 もっと楽しく、我慢しなくてもいい職場を求めて、自分がどうしたいかを考える時代がきています。

 転職をポジティブに考えましょう。

 会社に依存しない生き方を目指す

 イヤな上司に我慢したり、転勤で振り回されるのも、「いつでも転職できる」という準備ができていないからです。

 「いつでも転職できる」と思える準備をしておけば、あなたは今の会社に依存せず、もっと自由に生きることができます。

 生き残る力を自分で身につけておかなければいけません。

 ブラック企業を辞めたい

 生きていくために、一つの会社にしがみついて生きていく方法だと、長時間労働や、上司からパワハラなどの環境でも仕事を続けることになります。

 自分がコントロールできない状況で働くのは、大きなストレスです。

 いわゆるブラック企業での勤務を続けると、精神と身体は確実にむしばまれます。

 自分と家族を守るためにも、いつでも転職できる状態をつくりましょう。 

 家族に相談する

 大きな変化である転職は、家族に言いづらいものです。

 「内定が出てから話そう」「きっと理解してくれる」なんて思っていると、嫁ブロックの反対にあう可能性があります。

 転職自体に反対ではなくても、「先に相談してほしかった」と言われてしまうケースも…。

 あらかじめ話しておけば、協力してもらえたり、あなたも本腰で取り組みやすくなります。

モリモリ
モリモリ

 奥さんの不安はどこにあるのか、きちんと話し合うことが大切です。

 自分の考えを正直に伝えましょう。

 「家族との時間をもっと確保したい」など本音を伝え、家族の理解を得て、応援してもらうことが何より力になります。

 

 転職活動の時期

 企業の求人活動は、1年の間に波があります。

 それぞれの時期は、

・1~3月初旬 新年度に向けて採用が活発な時期。

・3月下旬~5月初旬 新年度が始まったばかりで、新入社員の受け入れもあって、中途採用は少なめ。 

・5月下旬~7月 中途採用の求人が増える時期。

・8月 夏休みがあるため、中途採用は停滞。

・9~10月 下半期の計画に沿った求人が発生。

・11~12月 年末年始を挟むため、求人は少なめ。 

以上がおおまかな目安です。

モリモリ
モリモリ

 企業ごとに動きが違うので、希望する企業のタイミングをつかみましょう。

 転職活動のスケジュール

 転職活動のスケジュールは、

  1.  求人情報を集める
  2.  応募書類を作る
  3.  応募する
  4.  書類選考
  5.  面接
  6.  内定
  7.  入社

という流れになります。

 この間、転職活動を開始してから入社までにかかる期間は、3カ月~半年くらいが標準です。

 早期退職者制度の活用

 40代で転職を考えている場合、早期退職制度の利用を考えている、または利用を決めたという方もいます。

 早期退職制度を利用して退職した場合、求人企業から見れば、転職理由が明確なため、安心感を抱くこともあります。

 しかし、注意する点もあります。

 早期退職制度を利用した場合、退職金も多めに受け取り、失業給付も長期間給付されるので、「しばらくのんびりしよう」いう考えになりがちです。

 そういった考えから、ついつい転職活動が長引くとブランクによって転職で不利になります。

 その理由は、企業側から

  •  ビジネス感覚が鈍っているのでは?
  •  働く意欲が乏しいのでは?

という思われる場合があるからです。

 自分の強みを磨くキャリアの棚卸し

 転職する時期と転職活動のスケジュールを立てたら、行動に移すまえに「キャリアの棚卸し」をしてみましょう。

 キャリの棚卸しとは、

  •  これまでに経験してきた業務、プロジェクト、役割などを一つずつ書き出す
  •  どのような成果があったか、なぜ成果に結びついたかを振り返える
  •  この過程で、学んだこと、身に付いたことをさらに書き出す

の作業を行って、自分の強みを確認することです。

 軸ずらし転職とは

 軸ずらし転職とは、あなたが今いる「業界」か「職種」のどちらかを残したまま、片方だけをずらして転職する方法です。

 例えば、小売業で営業をしている方なら、他の業界で営業職に転職する、または小売業で他の職種に転職するという具合です。

 自分の今いる業界か職種のスキル、経験を活かすことができるので転職しやすいメリットがあります。

 在職中から転職活動を行う

 40代での転職活動で気をつけることは、今の会社を辞めずに転職活動を行うことです。

 いきなり会社をやめて、収入がなくなってしまうと、精神的に追いめられてしまいます。

 余裕をった転職活動をするためには、いまの会社で給料をもらいながら転職活動を行いましょう。

 ただ、いまの会社がブラック企業で、長時間労働や上司からのパワハラなどで、心身の健康を害するようなときは、いますぐ休職するか退職してください。

 転職サイトを利用する

 求人サイトには、

  •  幅広い業種、職種、各地域の求人情報を掲載している総合サイトと
  •  特定の業界、職種の求人を扱っている専門型のサイト

があります。

 自分が希望する条件を探して検索したり、希望する条件を登録しておけば、条件にあてはまる求人が出たときにメールで教えてくれるサービスも用意されています。

 代表的な求人サイトには、

 リクナビNEXT  
 マイナビ転職        
 エン転職 
 インディード

があります。

 転職エージェントを利用する

 転職エージェントは、キャリアドバイザーといった転職のプロが、

  •  まず相談に乗ってくれる
  •  求人の紹介
  •  職務経歴書の添削
  •  面接のアドバイス
  •  企業側との交渉

などをしてくれるサービスです。

 転職相談者は無料。

 無料の理由は、転職が成立した際に、採用した企業から転職エージェントに成功報酬が払われれる仕組みだからです。

 転職市場に踏み込んで、

  • 転職市場がどうなっているか
  • あなたに合った転職先の候補はどれだけあるのか

を確かめるだけでも視野が広がり、あなたにとって大きな意味があります。

 転職エージェントに申し込んでも、必ず転職しなければいけないわけではありません。

 まずは、転職市場を確かめてみましょう。

 40代で転職を希望する場合、転職エージェントを利用するのが一番おすすめです。

 転職エージェントが、1人では心細くて寂しい転職活動の心強い味方になってくれます。

 代表的な転職エージェントには、

 マイナビエージェント 
 リクルートエージェント 
 JACリクルートメント
 JAIC

があります。

 履歴書と職務経歴書の書き方

 種類選考で提出するのは、「履歴書」と「職務経歴書」の2つです。

  •  「履歴書」は、学歴や志望動機などの基本的なプロフィールを書く書類です。
  •  「職務経歴書」は、いままで働いた会社での仕事の内容、成果、工夫や努力したことなどを書く書類です。

 最近では紙ではなくデータ形式がほとんどです。

 データで作り、電子メールで提出します。

 そして、自分のアピールと相手に良い印象を与えた上で、入社後に何が出来るかを伝えることが大切

 「私を採用したらこんなに得ですよ」と相手に伝えることが重要です。

 書く内容は紙でもデータでも基本的には同じですが、ビジネス文書のマナーは守りましょう。

 面接対策

 書類選考に合格したら、次は面接です。

 面接を受けるときには、 

  •  自分が企業にマッチした人材であることを伝える
  •  自分にとって適した職場であるか確認する
  •  起業からこの人と一緒に働きたいと思ってもらえる

ことが目的。

 自分と企業との間で、お互いに理解を深めることが大切です。

 内定後の退職の流れ

 内定をもらった場合、入社か辞退かを保留できるのは、1週間程度が目安です。

 中途採用では、早く入社できる人を優先するケースもあり、保留期間が長すぎると、内定取消しになる可能性もあります。

 内定先への入社を決めたら、現在の職場に報告です。

 スムーズに退職するには、退職の1カ月半~2カ月前くらいには、退職の意思を直属の上司に伝えましょう。

 その後、業務の引き継ぎを今後のトラブルがないように確実に行ってください。

 退職する場合の注意点 退職代行を利用する

 パワハラや長時間労働で、会社に行けなくなってしまった場合、会社に対して退職の意思をつたえる
ことすら難しいケースがあります。

 円満退社が一番ですが、このような状況では、退職代行の利用を検討しましょう。

 退職代行業者が、あなたに代わって退職の意思表示を行ってくれます。 

 転職以外の選択肢

 色々と考えた結果、転職に踏み切らず、いまの会社を続けた方がいいという場合もあります。

 そんなときの解決策を紹介します。

 転職に迷うなら休職を考える

 休職とは個人の都合で会社を長期間休むことです。

 あくまでも、各企業独自の取り決めによる制度です。

 企業によって条件が異なりますので、まずはあなたの会社に休職制度があるか確認しましょう。

 持病、うつ病、ケガの他、上司からのパワハラ、セクハラ、社内の人間関係などの影響で病気になった場合が傷病休職の対象になります。

 傷病休職の場合、医師の診断書を会社に提出する必要があります。

 休職期間は1カ月程度から数年にわたって認められることがありますが、企業によって休職期間は異なります。

 副業で稼げるようにする

 いまの時代、どんなに会社のために働いてもリストラされる可能性があります。

 自分の収入が会社の給料しかないという状況は、突然収入がなくなるリスクです。

 そんなリスクに備えると同時に、収入をアップさせたい場合は、転職以外に副業で収入を得る方法もあります。

 サラリーマンの副業で大切なことは、

  •  リスクが少ないこと 
  •  手軽に始められること

 です。

  副業を始めることで、

  •  いつでも自分でお金を稼げる
  •  給料以外にも収入がある

 という状態をつくることができて、収入をアップさせると同時に本当の安定につながります。

 独立・起業する

 転職するよりも、今までの経験を活かしたり、副業を本業にして独立・起業を考える場合もあります。

 好きな仕事をして独立したいという思いから独立・起業した場合のメリットは、

  •  仕事の時間を自由に決めることができる 
  •  嫌いな人と付き合う必要がない
  •  収入がアップする可能性がある

という点です。

 デメリットは、

  •  全て自分で管理する
  •  収入の保証がない

という点です。

 自分の人生を歩むという意味では、とても魅力的な選択です。

 まとめ

 40代の会社員は、多くの悩みを抱えています。

 仕事、年収、出世、家庭…。

 今の会社を続ける選択肢しかなかった場合、苦しい人生になるのは間違いありません。

 現代は自分らしい働き方を目指して、自分の仕事を自分の意志で選ぶことができる時代です。

 ぜひ、転職サイトや転職エージェントを活用して転職への第一歩を踏み出してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました